よくある質問

Q1 父母会の協力に関して

お茶当番とか大変じゃないですか?

 私たちは、最近の傾向として、子どもたちの野球に父母が関わり過ぎだと考えます。 チームスタッフも子どもたちも、自分のことは自分でする・・・それが原則だと考えます。
 お茶当番はありません。しかし、練習試合などで対戦チームを迎えるときや遠征試合のときなど、 父母会のお手伝いをお願いすることはあります。

Q2 健康問題について

中学校から、硬式ボールは早過ぎませんか?

 肘や肩を壊すことを心配される方がおりますが、軟式が良くて硬式が悪いという 短絡的な考えは通用しません。肘や肩を痛めるというのは、投げ方などに問題があるからです。
 しっかりした指導理論のもとで、正しく練習すれば何の問題もありません。 メジャーリーグの本場、アメリカでは、軟式ボールはありません。

Q3 学業問題についてて

高校受験とか心配ですが・・・

 野球と勉強を両立させることは大変です。チームスタッフも常に学業の状態を把握し、 適切な指導を行っていきます。もちろん、高校受験に際しても相談があれば、全力を 尽くしてお応えいたします。
 一例として、当倶楽部で実施しております「勉強会」での実績は素晴らしいものがあります。

Q4 学校のクラブ活動とのかね合いは?

中学校から、硬式ボールは早過ぎませんか?

 中学校の野球部が、クラブチームとの掛け持ちを許可してくれるところは、 両方で活動することもかまいません。
 多くの選手は、平日は陸上部に所属して、活動をしているようです。